目的に沿ったガーデンプランニング

きれいに整備された庭は、建物の魅力を引き立ててくれます。理想のマイホームを建てたのであれば、庭まできちんと手入れしてあげるべきです。
素敵な庭をつくるためには、目的に沿ったガーデンプランニングを考えることが大切です。
目的別のガーデンプランニングの例をご紹介します。

手入れが簡単な庭

ガーデニングは、定期的に手入れをしないと見た目が悪くなってしまいます。
地面にタイルやレンガを敷いて、芝生の面積を減らすと手入れにかかる時間が短縮できます。また、デッキの幅を広くするという方法もあります。
この方法を使えば、手入れが簡単でなおかつお洒落な庭をつくることができます。

花いっぱいの庭

花が好きな方は、花に囲まれた生活を一度は夢見たことがあると思います。
赤や黄色、ピンクやオレンジなど、様々な種類の花を植えると建物全体の雰囲気が明るくなります。
花いっぱいの庭にするためには、庭に畑をつくって花を植えるほか、ラックやアーチを使って庭全体に花を飾る方法があります。
庭で季節感を演出したい場合は、季節ごとに花の苗を植え替えてください。

みんなで遊べる庭

広い庭があると、子供とボール遊びをしたりペットと戯れたりすることができます。
全体に芝生を植えれば、家族みんなで楽しく遊べる庭になります。ふかふかの芝生があれば庭で転んでも芝生がクッション代わりになるので、とても安全です。
また、芝生の庭はある程度のスペースがあれば、子供用の遊具を設置することができます。
しかし、芝生だけでは物足りないので、日の当たる場所に鉢を置いて花や木を飾ることをおススメします。

くつろげる庭

庭
庭にくつろげる空間があれば、休みの日にゆったりとした時間を過ごすことができます。
テーブルとチェアを庭に置くだけで、オープンカフェのようなくつろげる庭になります。
パラソルが設置できるテーブルにすると、日差しが強い日でも安心です。

庭づくりの目的を明確にすることで、ガーデンプランニングをスムーズに進めることができます。
株式会社shinoは、愛知県小牧市でお客様の目的に沿った庭づくりを行っています。ガーデンプランニングに関する相談なら、株式会社shinoへお問い合わせください。