ガーデンデザインは庭づくりの基本

庭のイメージは、ガーデンデザインで決まります。完成時のデザインを全く決めないまま庭づくりを始めると、まとまりの無い庭になってしまいます。
ここでは、庭づくりの基本となるガーデンデザインの重要性を説明したいと思います。

ガーデンデザインが重要な理由

家の中が散らかっていても、外からは見えません。しかし、庭は隣の家や近くを通った人に見られる場所なので、きちんと整備されていないと家のイメージが悪くなってしまいます。
人が服装や髪型などで判断されるように、庭のデザインで住人の印象が大きく変わります。
ガーデンデザインにこだわることで、周りからの印象が良くなり、自分自身も明るい気分になれます。
また、素敵な庭づくりをすることは、家を訪れるお客様へのおもてなしでもあります。
庭の雑草が伸び放題になっていたり、枯れた植物を放置したりしている方は、すぐに庭のメンテナンスを行ってください。

生活を楽しくする

家族構成やライフスタイルに合わせたガーデンデザインにすると、生活が楽しくなります。
例えば、花の種を庭に植えて子供に世話をさせれば理科の勉強になり、野菜や果物を家の庭で育てれば新鮮な食材を味わうことができます。
また、滑りにくいタイルを敷けば庭の安全性が高まるので、子供もお年寄りも安心して庭が使えます。
ガーデンデザインを少し工夫するだけで平凡な日常を楽しくすることができるので、庭のデザインに飽きた場合は、庭のリフォームをおススメします。

プロに依頼しよう

いざ庭をリフォームしようと思っても、良いデザインはそう簡単に思い浮かびません。
家族が楽しく過ごせる素敵な庭をつくるなら、プロに相談してください。
株式会社shinoは、個人の住宅や店舗、企業の庭づくりを手がけているガーデンデザインのプロです。
お客様の要望やイメージに沿ったガーデンデザインを提案し、現地調査から施工まで行います。
庭のデザインを変えたい、無造作な庭をきれいにしたいとお考えの方は、株式会社shinoまでお気軽にご相談ください。